So-net無料ブログ作成

【陰湿ゴミ県】アホ森県小学校での暴力行為、ナント前年度比3.2倍!!【本領発揮w】 [ニュース]

ナントいう危機的状況!! 現場は何をやっているんだ!? 一体どうなっているんだ!? 2016年度に青森県内の公立小学校で、暴力行為の発生件数が大幅に増えたことが、文部科学省による同年度の問題行動調査の結果(速報値)で分かった。発生件数は15年度確定値と比べ3.2倍(182件増)の263件に上った。急増した背景について、県教委は「いじめと暴力行為は連動していて、教員が軽微な事案も積極的に把握するようになったため」と説明。一方で感情のコントロールがうまくできない児童が増えてきている-とも指摘した。  同調査は、教員の指導に対して激しく暴れたり、児童同士のふざけ合いでも相手が嫌だと感じたりした場合など、けがの有無にかかわらず、「暴力行為」として計上。青森県は小学校392校を対象に調査した。  暴力行為の種類別では、児童間が最も多く196件(前年度比139件増)。対教師が37件(同30件増)、器物損壊が19件(同3件増)、児童や教師以外への「対人」が11件(同10件増)だった。  暴力行為の増加について、県教委学校教育課の担当者は「児童間の軽微なトラブルであっても、いじめに発展する恐れがあるとみて、学校側に早期発見に努めるよう促したことが増加につながっている」と分析した。いじめの認知件数は15年度比6.3倍の3759件に上ったことが分かっている。  青森市内のある小学校長は「毎月、子供にアンケートを取ったり、きめ細かく話を聞いたりして、これまで教師が分からなかった子供同士の関係が見えてきた」と説明。「決して学校現場が荒れているのではない」と強調した。  県小学校長会の中谷保美会長(青森市堤小学校長)は「授業はもちろん行事や係活動など、学校内のさまざまな場面を通して、子供たちにコミュニケーションの取り方を教えていくことが大事」と話した。 ナント僅か1年で3.2倍!! しかも未だに2016年度の速報値、ナントいう情報リテラシーの低さ、低文化レベルを晒している部落僻地国害ド底辺低文化レベル陰湿ゴミ県アホ森県! 低文化レベル故に暴力でしか解決できない無能教員だらけのアホ森www!! その場しのぎしかできない陰湿ゴミ県アホ森県www!! 浪岡中学校、上北中学校で連続発生した生徒いじめ自殺を筆頭とするナントいう陰湿ゴミ県アホ森県www!! 陰湿故に嫌われる都道府県ナンバーワン、アホ森www!! 生まれてはいけない都道府県ナンバーワン、アホ森www!!
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

お名前(必須)

今更騒ぐことでもない

アホ森だから仕方ない
by お名前(必須) (2019-07-12 18:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。